裁判書類作成(本人訴訟)

弁護士や司法書士等の代理人を頼まないで、自分だけで裁判を起こすことを言います。

簡易裁判所の管轄に属する事件(概ね140万円以下の事件です)の範囲を超える場合は、裁判書類を作成して、本人訴訟を支援いたします。

裁判所では、書面によってやりとりする場合が非常に多いので、代理人を立てた場合に近い形で裁判を進められると思われます。

以下に、本人訴訟のメリットを掲げますので、ご参照下さい。

裁判を進めるにあたって、なんと言っても気になるのが費用です。

高額な裁判を代理人訴訟によって行う場合、まず着手金として、数十万円から数百万円かかってしまうことが少なくありません。

その点、当事務所では一般的な弁護士報酬よりもお安くなっておりますし(弁護士報酬は現在、各弁護士の方が自由に定めておりますので、絶対にお安いとは申し上げられませんが・・)、分割払い等のご相談にも応じておりますので、一度に多額の出費を余儀なくされるようなことにはならないと思われます。

また、逆に訴額の大きい事件になればなるほど、代理人訴訟の場合と本人訴訟の場合との費用の差も大きくなってきますので、そのような方にとってもご検討の価値は大きいと思います。。


ページのTOPへ

裁判において、結果(判決等)は一番気になるところですが、
その結果に至までの進捗状況や相手方の対応などは、結果と同様、最も気になるところであります。

代理人に裁判を任せきりにしておけば、ご本人は何もしなくてよく、楽な反面、 進捗状況や相手方の対応などが明確にならないことも少なくなく、不安に感じられることもあるようです。

確かに、代理人訴訟においても、本人も出廷することが出来ますが、
肝心な内容については、裁判官と代理人の間で難しい法律用語を使って手短に行われ、
本人が状況を把握できないまま、終わってしまうことも少なくありません。

その点、本人訴訟であれば、ご本人が法廷に行き、裁判官と直接話すので、裁判の状況を詳しく把握できますし、ご自身の主張を確実に裁判官に伝えることが出来ます。
裁判というと、難しい法律の話が出てきて、なかなか一人では出来そうにないとお考えの方は多いと思われます。
しかし、法廷で裁判官に聞かれることは法令の適用などよりも、事実関係に重点がおかれることが多いのです(法令の適用については司法書士等が書面で主張するため)。

ですから、本人訴訟であれば、ご心配されるよりもきっと裁判を身近に感じることが出来るでしょう。



ページのTOPへ

メリット2でもご説明しましたが、本人訴訟では、ご本人様が法廷に行き、裁判官と直接お話しして戴くので、代理人訴訟よりもご本人様の心情を伝える機会が多くなります。
代理人訴訟でも、当事者尋問等で、ご本人様が法廷に出向き、事実関係や意見等を述べる機会が与えられることがありますが、全ての事件において当事者尋問が行われるわけではなく、(裁判所から見て)比較的簡易な事件等は尋問などせずに結審することが多いです。
なんと言っても事実関係を誰よりもご存知なのは当事者たるご本人様ですから、メリットに感じて戴けると思います。

ページのTOPへ

この事実イコールメリットと言うわけではありませんが、
実際に裁判において本人訴訟が行われている割合を見ても地方裁判所では約67.4%(平成19年度:一方に代理人が就いている場合を含む)という高い割合で本人訴訟が行われているのです。

国民の皆様が、それだけ上記のメリットをご理解して戴いている証拠であると信じております。



裁判・交渉の代理・裁判書類作成のページへ戻る

お電話でのお問い合わせは、品川03-5796-2822、横浜045-201-1390。
メールでのお問い合わせは24時間受付中です。
ホームページのことなら

Produced by balanca