任意整理

裁判所に申し立てをせずに債権者との話し合いで債務(借金)を整理する方法です。

任意整理とは、司法書士等が代理人として債権者と交渉し、
その結果締結した和解契約に基づき、債務を分割して支払っていく方法です。
通常は3年間で全額返済するようになりますが、
事情によっては5年ぐらいまでは期間を延長できることがあります。

よくいただくご質問

特定調停は、簡易裁判所で調停委員を交えて債権者と返済についての調停をします。
調停委員は中立の立場なので、あなただけの利益を考えて調停するわけではありません。
しかし、代理人を立てずに申し立てれば、司法書士等の代理人に対して支払う報酬がかかりませんので、手続費用の低減になります。

特定調停をもっとくわしく

ページのTOPへ

・ご依頼後、受任通知が債権者に到達した時点で取り立てがストップする

・手続終了まで返済をしなくてよい

・裁判所に行かなくてよい

・和解契約が債務名義化しない

・官報に掲載されない

・債権者数によっては手続費用が安い

・職業制限や、転居の制限がない

ページのTOPへ

・民事再生や自己破産に比べて返済額が高くなることが多い

・ブラックリストに載り、借入ができなくなる


ページのTOPへ

1 ご契約
2 受任通知発送
 ⇒ ご契約後直ちに発送いたします
3 債権調査
 ⇒ (当事務所が債権者から取引履歴を取り寄せます) 1〜3カ月程度
4 取引履歴に基づき債務を再計算
5 弁済計画を協議
 ⇒ 無理のない計画になるようご提案させていただきます
6 和解交渉→和解契約締結
7 返済の開始

ページのTOPへ

債権者1社につき3万円(税込31,500円)+郵送実費・手数料6,050円(税込)。


(例)債権者5社の場合:31,500×5+6,050=163,550円
(過払い金があることがわかり、その返還請求をする場合は別途費用がかかります。)
(債権者によっては1社につき42,000円(税込)頂戴することがあります。)

 費用の分割払いにつきましては御相談に応じます。


債務整理へ戻る

お電話でのお問い合わせは、品川03-5796-2822、横浜045-201-1390。
メールでのお問い合わせは24時間受付中です。
ホームページのことなら

Produced by balanca